健全な賃貸不動産経営を目指す

相続対策で十数年前に建築したとき、オーナー様そしてご家族は明るい未来をもって賃貸不動産経営を始められたと思います。

あれから十数年・・・。現在の賃貸不動産市場はどうでしょうか?

少子高齢化の波と年々減少している人口に反比例するように、差別化されていない同じような物件が数多く建ち
需要と供給のバランスが変わり「供給過多」になることにより築十数年を超えた物件については空室が目立つようになりました。

空室が目立つ=家賃収入の減少 → リフォームなど物件に手を入れることができない → さらに空室が増加 → 借入金の返済が困難になる
という負のスパイラル・・。

オーナー様目線で現在抱えられている賃貸不動産経営の問題を解決して参りたいと思います。 

会社概要

会社名
株式会社スクーデリア・カーサ
設 立
平成27年3月19日
資本金
3,000,000 円
代表者
中安 亨
所在地
兵庫県姫路市南条428番地
ロッキーコートナカヤ 307 号
Tel.
079-226-5160
Fax.
079-226-5161
定休日
日曜日
資 格
  • 賃貸住宅管理業 国土交通大臣(1)第 3800 号
  • 賃貸不動産経営管理士 中安 亨 (1)030560
営業時間
9:00 ~ 18:00
在籍者資格
宅地建物取引士
賃貸不動産経営管理士
住宅ローンアドバイザー
土地活用プランナー
三級ファイナンシャルプランニング技能士

会社概要

賃貸不動産管理業の登録制度について

不動産会社の多くは、(売主一買主)(借主一貸主)など不動産の売買、仲介、交換、賃貸の伸介などの不動産の取引に関与する仕事を行うため宅地建物取引業の免許を県知事あるいは国土交通大臣より受けて事業を行いますが、賃貸不動産管理業をするにあたって免許が必要なのでしょうか?
現在は管理業を行うには免許などの資格は必要ありませんが、昨今この賃貸不動産管理業につきましても賃貸住宅の管理業務の適正化を図るために、国土交通省の告示による賃貸住宅管理業の登録制度が平城23年12月より施行され、賃貸住宅管理業務に関しても一定のルールを設けることで貸主と借主の利益保護を図ることになりました。

賃貸管理業は、入居者様からの賃料を預かり定められた期日にオーナー様へ精算業務を行います。賃貸管理業の登録をされていない賃貸管理会社が万が一 倒産してしまうと、当然オーナー様への送金はストップしオーナー様への被害は甚大になります。過去にも、入居者様からは賃料を預かっているにもかかわらず賃貸管理会社が倒産しオーナー横への支払がストップしたという事例もあります。

賃貸管理は責任ある業務ですので、賃貸管理業登録をされた信頼のある会社を選ぶことが今後必要不可欠です。

賃貸不動産経営管理士について

賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家です。以前は、オーナー様自身が建物管理を行っていましたが、近年賃貸住宅の戸数の増加や、人々の生活スタイルの多様化・ニーズの高まりに伴い、管理により高度な専門性が求められることになり、オーナー様の負担も以前とは比較にならないほど増えております。また、解約に伴う原状回復の折衝業務などは非常に難しいものがあります。そうしたなか、賃貸住宅のプロである賃貸不動産経営管理士の役割は今後大きくなってまいります。

賃賃貸不動産経営管理士は賃貸不動産管理業務に関する専門家です。
また支援業務にもあるように、これからはマンション管理とあわせて節税相談などの資産管理提案も行えるプロパティマネジメントが出来る管理会社が重要です。
株式会社スクーデリア・カーサ

賃貸住宅管理業 国土交通大臣(1)第3800号

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、住宅ローンアドバイザー

土地活用プランナー、三級ファイナンシャルプランニング技能士在籍