中安プロフィール

健全な賃貸不動産経営を目指す

相続対策で十数年前に建築したとき、オーナー様そしてご家族は明るい未来をもって賃貸不動産経営を始められたと思います。
あれから十数年・・・。現在の賃貸不動産市場はどうでしょうか?

少子高齢化の波と年々減少している人口に反比例するように、差別化されていない同じような物件が数多く建ち、需要と供給のバランスが変わり「供給過多」になることにより築十数年を超えた物件については空室が目立つようになりました。
空室が目立つ=家賃収入の減少 → リフォームなど物件に手を入れることができない → さらに空室が増加 → 借入金の返済が困難になるという負のスパイラル・・。

また、私たち賃貸経営に関わるものは街づくりをするうえで非常に重要な役割を果たしていると考えています。
空室が多い空き家だらけの物件やマナーの悪い入居者の方が多くいる物件が地域にあると、この街に住んでみたい!
と思われないエリアになってしまいます。そうなると負の連鎖によりご自身の物件の満室経営も難しい状況になります。
ご自身の所有する物件の「今ある姿の物件の良さを追求し、仲介業者にご自身の物件を知ってもらうことが満室経営への第一歩」と考えます。

オーナー様目線で現在抱えられている賃貸不動産経営の問題を解決して参りたいと思います。

中安
1976年1月生まれ
兵庫県姫路市出身
生まれも育ちも地元姫路。
大学進学で岡山で一人暮らしをし、28歳まで岡山に住む。
岡山時代は、業務用のパソコンのインストラクターと営業をする。岡山時代は、クライアントである理美容の経営者の方々と共に経営改善の提案などを行い、この時の経験が今に活かされている。
祖父の死をきっかけに、姫路に戻り実家が管理委託していた賃貸不動産管理会社へ就職。
そこで見たのは「入居率60%」という実家が所有しているハイツの現状。
不動産業界に初めて足を踏み入れた私は、無我夢中で「満室にしなければ!」と想い行動した結果、半年ほどで満室に。
その後、同管理会社での役員を経て
2015年 株式会社スクーデリア・カーサ を設立。
2019年現在、管理戸数 約200室、10名のオーナー様と共に満室経営を目指しています。
メディア実績
家主と地主 2012年 2月号 家主座談会 兵庫編
家主と地主 2019年 9月号 家主座談会 兵庫編(掲載予定)
オーナーズスタイル関西版 2016年夏号(vol9) 「素敵な大家さん」見開き2ページ掲載
全国賃貸住宅新聞社 2015年6月29日号 「今週の玄関ネタ」 兵庫会(オーナー会)について掲載
全国賃貸住宅新聞社 2016年2月8日号 「思い出の一作」 思い出の書籍について掲載
全国賃貸住宅新聞社 2019年1月7日 「イベント情報」 終活セミナー開催について掲載
セミナー実績
2009年4月 関西最大の家主の会にて講演 (セルフリノベーションについて)
2014年2月 関西最大の家主の会にて講演 (管理会社に勤務の家主奮闘記)
2015年8月 関西最大の家主の会にてトークセッション(管理会社とのつきあいについて)
2015年11月 賃貸不動産経営改善セミナー開催
2015年~ 関西最大の家主の会 分科会として兵庫県の物件所有オーナー様を対象とした家主会設立
2016年9月 スリーアローズ税理士事務所主催セミナーにて 「管理会社を味方につけての満室経営法」講演
2018年 隔月で終活セミナー開催
資格
宅地建物取引士
賃貸不動産経営管理士
土地活用プランナー
3級ファイナンシャルプランナー技能士
住宅ローンアドバイザー
会社案内

 

■ 賃貸不動産経営管理士について

賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家です。以前は、オーナー様自身が建物管理を行っていましたが、近年賃貸住宅の戸数の増加や、人々の生活スタイルの多様化・ニーズの高まりに伴い、管理により高度な専門性が求められることになり、オーナー様の負担も以前とは比較にならないほど増えております。また、解約に伴う原状回復の折衝業務などは非常に難しいものがあります。そうしたなか、賃貸住宅のプロである賃貸不動産経営管理士の役割は今後大きくなってまいります。

賃貸不動産経営管理士は賃貸不動産管理業務に関する専門家です。
また支援業務にもあるように、これからはマンション管理とあわせて節税相談などの資産管理提案も行えるプロパティマネジメントが出来る管理会社が重要です。